厚生年金保険料率の改定

税務実務, 健康保険・厚生年金税務実務, 健康保険・厚生年金

9月分から厚生年金の保険料率がアップ!

平成16年以降、毎年少しずつアップしていた厚生年金保険料率ですが、今年も改定されました。

9月は給与計算誤りがないように気を付ける必要があります!

 

変更後の料率

平成29年8月分までの厚生年金保険料率は標準報酬月額の18.182%(181.82/1,000)でした。

平成29年9月分からの厚生年金保険料率は18.3%(183.00/1,000)となります。

なお、厚生年金保険料率のアップは今回の改定をもって終了となり、平成29年9月以降は18.3%(183.00/1,000)固定されます。

 

参照:厚生労働省 厚生年金保険料の引上げが終了します

まとめ

給与計算をソフトを使っていれば、保険料率の変更などは対応してくれるはずですので、設定等改めてご確認ください。

この点、クラウド型のソフトであれば、この辺りは自動対応してくれるので安心ですね!

なお、特にソフトを使わずにエクセル等で計算している場合には、社会保険だけでなく、源泉所得税も変わる場合がありますので、合わせて変更漏れが生じないように気を付けましょう!