消費税

2023年10月1日から、適格請求書等保存方式(インボイス制度)の導入が予定されています。

 

 

インボイス制度導入前であれば、記載要件を満たす請求書の発行は、誰でも出来ます。

 

消費税

現在(2019年9月30日まで)の消費税率は8%の単一税率のため、

仮に請求書に消費税が明記されていなくても、

仕入側は消費税を把握することは出来ます。

 

しかし、2019年10月1日 ...

eTAX

「振替納税」や「ダイレクト納付」は便利ではありますが、

事前に税務署に届出を提出しなければなりません。

また、届出を提出してもすぐには利用できません。
(利用開始まで20日~30日程度掛かります。)

税務実務, 源泉所得税, 青色・白色決算

立替した経費を後日相手先に請求するケースって意外と多いと思います。

 

よくあるのが、旅費交通費等の実費精算
(いったんはこちらで支払って後日請求するパターン)

この場合、請求書作成時に消費 ...

事務所, 確定申告

5月1日より元号が「平成」から「令和」に改められることが予定されています。

これにより、5月1日以降に提出する書類について、気になったのでまとめてみます。

「平成」表記でも、とりあえず有効!

国税庁の発表によると ...

事務所, 確定申告

10連休

新年号も「令和(れいわ)」と決まり、あともう少しで未曽有の大型10連休がやってきます。

この連休の間に到来する2019年4月末の申告・納付等期限について整理しておきます。

2019年5月7日(火)が申告・納付 ...

事務所, 確定申告

いよいよ始まります!

平成30年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告期間は、平成31年2月18日(月)から3月15日(金)までです。

還付申告については、2月18日(月)以前でも提出を受け付けています(土曜日・日曜日・祝日 ...

医療費控除, 確定申告

高額療養費制度とは?

入院や手術などにより高額な医療費を支払うことになった時の為に、健康保険では、「高額療養費制度」という制度が用意されています。

これは、1か月間に医療機関に支払った窓口負担が、一定の限度額を超えた場合に、 ...

仮想通貨

仮想通貨の税務上の取扱いに関するFAQ 公表!

国税庁は11月21日『仮想通貨の税務上の取扱いに関するFAQ』を公表しました。

前回2017年12月1日に公表された「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」は、所得税の取扱 ...

税務実務, 修繕費・資本的支出

「平成」→「〇〇?」

「平成」という元号は来年の平成31年4月30日をもって幕を閉じ、翌5月1日からは新元号が施行されます。

明治、大正、昭和、平成と重複しないようにするならば、頭文字はM、T、S、H以外の、あ行、か行、な行 ...

税務実務, サラリーマン, 雑所得

20万円基準

一般的なサラリーマン(1箇所からのみ給与所得がある方)の場合、アフィリエイトや原稿料、仮想通貨といった副業等による所得(雑所得)があっても20万円以下なら確定申告は不要、という仕組みはご存知の方が多いかもしれません。

ふるさと納税

ふるさと納税の活発化!

ふるさと納税の活用件数・金額が活発になっています。

総務省公表の資料によると、平成27年度からふるさと納税の受入額・受入件数は右肩上がりに著しく増加しています。
記事記載時点(2018/7/5 ...

事務所, 確定申告

いよいよ始まります!

平成29年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告期間は、平成30年2月16日(金)から3月15日(木)までです。

還付申告については、2月16日(金)以前でも提出を受け付けています(土曜日・日曜日・祝日 ...

仮想通貨

仮想通貨に関する所得の計算方法等を公表!

国税庁は12月1日、仮想通貨に関する所得の計算方法を説明する「Q&A」を公表しました。

個人課税課情報第4号「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」(平成29年12月1日)(PD ...

仮想通貨

不正送金はなぜ起こる?

仮想通貨は、ここのところ非常に注目されていますが、利用・認知度が高まれば高まるほど、悪いことを考える人達にとってはチャンスとなってきている、といったところでしょうか。

では仮想通貨を保有することは危険 ...

税務実務, 健康保険・厚生年金

9月分から厚生年金の保険料率がアップ!

平成16年以降、毎年少しずつアップしていた厚生年金保険料率ですが、今年も改定されました。

9月は給与計算誤りがないように気を付ける必要があります!

 

変更 ...

税務実務, 交通反則金

業務中の駐車違反やスピード違反による交通反則金は経費として計上することが出来るのでしょうか?ここでは、業務上やむを得ず罰金が掛かってしまったという前提で話を進めていきます。

原則的には経費にできない

一般的に交通反則金は、自 ...

税務実務, 仮想通貨

国税庁の見解!

ビットコインで儲かった場合の税金について、2017年9月6日に国税庁が見解を出しました。

個人がビットコインを使用することで生じた利益は、原則として雑所得として区分され、所得税の課税対象となります。

税務実務, セルフメディケーション税制

はじめに

医師の処方箋がなくてもドラッグストアや薬局で直接購入できる医薬品のことを一般にOTC医薬品といいますが、その中でも、医療用として使用されていた医薬品で、有効成分や服用方法等が全く同じまま市販されている医薬品のことをスイッチOT ...

税務実務, 還付

還付加算金にはご用心!

平成28年分確定申告も無事終わり、還付になる方は、そろそろ税務署から通知を受け取っている方も多いのではないでしょうか。

思わぬ臨時収入のようで何となく嬉しいですよね。

でも国税還付金払込通 ...

税務実務, 確定申告

いよいよ始まります!

平成28年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告期間は、平成29年2月16日(木)から3月15日(水)までです。

還付申告については、2月15日(月曜日)以前でも提出を受け付けています(土曜日・日曜日・ ...

税務実務, 健康保険・厚生年金

女性の働き方が変わる?

このちょうど明日2016年10月から、厚生年金の加入条件が変わります。

この変更によって、今まで夫の扶養として働いていたのに、扶養に入れなくなるという人が多くなる可能性があるので、注意が必要です。

税務実務, 源泉所得税

会社員の方や個人事業をされている方であれば、どなたでも一度は目にしたことがあると思いますが、その一方で、内容が曖昧になっている方や、実際の手続や注意点などをもっと知りたい、と困っている方は多いのではないでしょうか?

特に、 ...

税務実務, 確定申告

いよいよ始まります!

平成27年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告期間は、平成28年2月16日(火曜日)から3月15日(火曜日)までです。

還付申告については、2月15日(月曜日)以前でも提出を受け付けています(土曜日・ ...

税務実務, 税制改正

 

 

12月16日に与党(自由民主党・公明党)から平成28年度税制改正大綱が公表されました。

今後、国会で平成28年度税制改正法案が成立して初めて確定するものではありますが、例 ...

税務実務, 節税

所得控除とは?

一言でいえば、税負担を軽くする制度です。

これは、病気したり、面倒をみなくてはならない家族がたくさんいる人への社会政策的配慮であったり、障害を負った人や学費のかかる子供がいる納税者の個人的事情を考慮した制度で ...

税務実務, 医療費控除

医療費控除とは?

医療費控除とは、年間に支払った医療費が一定額以上だった場合に、その一部を所得金額から控除できるというものです。

確定申告で申告する必要があります。

 

医療費控除の計算方法

...

税務実務, 節税

扶養控除とは?

扶養している家族がいる人が受けられる所得控除です。

誤解や思い込みによって、もしかしたら適用漏れになっている方も少なくないと思います。

 

扶養控除の対象範囲

実は結構広いです ...

税務実務, 青色・白色決算

私用の資産を事業に使う場合について

今までプライベートとして使っていた資産を、その事業に使う場合もあるかと思います。

たとえば、今まで住んでいたマンションを、転勤等にともなって他の人に賃貸するような場合や個人使用の車を事業用 ...

税務実務, 青色・白色決算

今年中に退職して事業を始めた方の所得とは?

今年中に退職されて、事業を開始された方については、今年度の確定申告の際には以下の所得は発生しています。

 

まず1月1日~退職時までの期間は給与所得