平成28年分 確定申告

税務実務, 確定申告確定申告税務実務, 確定申告

いよいよ始まります!

平成28年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告期間は、平成29年2月16日(木)から3月15日(水)までです。

還付申告については、2月15日(月曜日)以前でも提出を受け付けています(土曜日・日曜日・祝日を除きます)。

なお、西東京市、小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市を管轄する東村山税務署の申告書作成会場は、2月10日(金)から開設されています。毎年、作成会場開設初日及び最終週は大変な混雑が予想されます。また、会場が混雑している場合には、受付を早めに締め切ることがありますので、来場の際には、余裕をもって行くのが良さそうです。

日曜窓口開設について

土曜・日曜日は閉庁日ですが、東村山税務署では、2月19日(日)、2月26日(日)に限り、確定申告書の相談および申告書の受付を行っているそうです。

なお、国税の領収、納税証明書の発行および電話での相談は行っておりませんのでご注意下さい。

申告と納税の期限

  • 所得税及び復興特別所得税 2月16日(木)から3月15日(水)まで
  • 贈与税 2月1日(水)から3月15日(水)まで
  • 消費税及び地方消費税 3月31日(金)まで

マイナンバー初年度

マイナンバー制度が本格化して初めての確定申告となりますので、書面提出の際には、マイナンバーの記載本人確認書類の提示又は写しの添付が必要となります。

これらが無かったからといって、確定申告が無効になったり、還付が取り消されてしまう、罰金が課せられる、といったことにはならないはずですが、後日税務署から催促される可能性は否定できません。その方が逆に面倒だったりしますので、しっかり対応するのが得策かと思います。

なお、e-Taxによるネット提出の場合には、本人確認書類の提示又は写しの添付は不要となっています。マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方は、電子証明書として使うことが出来ますので、今まで書面提出していた方は挑戦してみるもの手です。最初の設定などは初めてやるとそれなりに手間が掛かるかもしれませんが、書面提出の手間ほどではないはずですので。

但し、ネット提出が万能な訳ではありません。一番の弱みとしては、システム障害による提出遅延です。現にeLTAX(エルタックス)という地方税のポータルサイトで、今年1月末期限の電子申告の提出の際に、一番アクセスが集中する直前3日間、アクセス集中によるシステム障害が起きて繋がらなくなっていました。
最も、本件はシステム障害によるものであれば問題なし、ということで事なきを得たようですが、今年の確定申告でも同様のことが起きないとも限りません。

ネット申告する方は早めの申告を心がけましょう。