MFクラウドの公認メンバーになりました

クラウド会計, MFクラウドMFクラウド会計, MFクラウド

MFクラウド(マネーフォワード)とは?

MFクラウド(マネーフォワード)とは、その名の通り、クラウド型の会計ソフトです。

CDを使ってPCにソフトウエアをインストールするオンプレミス型の会計ソフトとは異なり、クラウド型の会計ソフトはWebを使って利用するものです。

freeeなどクラウド会計ソフトと同様に、インターネット環境さえあればどこからでも使えますし、またスマホ・タブレットからでも利用もでき、情報共有も容易に行えます。

 

MFでの弊社紹介ページはこちらになります。

紹介ページ

キャプチャfreee2

 

 

 

 

 MFの強み

(1)料金が安い

個人と法人の場合で、料金、サービス内容は異なりますが、法人(MFクラウド会計)は月額1,980円~2,980円、個人(クラウド確定申告)は月額800円~1,433円(年払17,200円)です。

オンプレミス型ですと初期費用として数万円にバージョンアップ費用が掛かり、その他有料の保守契約が掛かるものも多いです。

 

(2)クレジットカードやネットバンキングのデータの自動取り込み

事前の準備や設定が必要となりますが、一度設定すると自動取り込みになるので便利です。

そのため、入力漏れや誤入力というものはだいぶ減るのではないでしょうか。

オンプレミス型ですと、手入力になりますので、ミスするリスクはゼロにできません。

 

(3)バージョンアップ費用などの追加費用が掛からない

インターネット上で使うものなので、常に最新バージョンとして使えます。
消費税増税にも追加費用が掛かりませんし、税制改正やソフトウエア更新も不要になります。

オンプレミス型ですと、毎年バージョンアップ費用が掛かります。
消費税増税や税制改正がある場合には追加費用が掛かりますし、ソフトウエア更新の手間も掛かります。

 

(4)Mac対応

WindowsでもMacでも対応可能です。

オンプレミス型ですと、Macで使えるものが少ないです。また、Macで使うにしても、Mac上でWindowsの仮想化を実行する必要があります。

 

(5)複式簿記

簿記の知識が無い方ですと、カジュアルで直感的に扱えるfreeeがお勧めですが、その反面、簿記を知っているとちょっとストレスがあります。

その点、MFは複式簿記による記帳のため、他会計ソフトに慣れている方にはストレス無く扱える点が魅力です。

 

(6)Excelとの連携機能

データの自動取り込みによる仕訳入力の省略化が、クラウドソフト全般に言える強みとなっていますが、とりわけMFは、Excelで作ったデータを取り込む点につき、他と比べても使い勝手が優れている点が強みです。

 

MFの弱み

(1)全自動の罠

自動取り込みを強みとして持ってはいるものの、すべての金融機関に対応している訳ではありません。

また、取り込んでそのまま終わりになる訳ではないので、確かに入力の手間が省略できますが、ひとつひとつをみて修正する手間は発生します。

更に、現金で支払う場合や、個人事業主の場合にはご自身で立替する場合(事業主借)には、手入力しか方法がありません。

その他にも、入金日で自動仕訳していまうと、発生主義にならないのでそのための修正を手入力する必要がありますし、源泉税であったり手数料の登録も事前にやっておかないと決算で多くの修正仕訳が入る可能性もあります。。

 

(2)処理速度

クラウド型の会計ソフトは、Web上のデータにアクセスして処理をすることから、どうしてもレスポンスは悪いです。これはMFに限った話ではないですが、従来型の会計ソフトに比べるとこの点はデメリットになります。

 

 

まとめ

クラウドビジネスの台頭により、会計ソフト業界においてもクラウド型会計ソフトの勢いは目を見張るものがあります。

大手会計ソフト会社もクラウド製品を次々とリリース、開発している状態です。

慣れてしまった従来型のシステムを変えるのは非常に面倒ですが、全自動によるメリットの方がそれ以上に大きいと考えています。

上手く導入しないと、後で思わぬ手間が掛かるのも事実ではありますが、時代の流れに適応するのも時には必要ではないでしょうか。

導入を検討する際には、是非お声がけ下さい。